2020年、市場価格が最も高騰した選手は誰だ!?トップ10紹介!

コロナウイルスの流行もあり、激動の年となった2020年もまもなく終わります。

サッカー界にも影響は少なからずあり、例年に比べてやや落ち着いた移籍市場を迎えました。ですが、この期間に一気に飛躍してスターダムへのし上がった選手たちも数多くいます。

そこで、今回は2020年1月から市場価格を上げた選手トップ10を紹介していきます!

なお、市場価格はTransfermarketを参考にしており、同額の場合は市場価格の上昇率(%)が高い選手を優先しています。

 

スポンサードサーチ

10位 Marcos Llorente

Embed from Getty Images

日本語名:マルコス・ジョレンテ

ポジション:ST

国籍:スペイン

所属クラブ:アトレティコ・マドリード

生年月日:1995年1月30日(26歳)

市場価格

+2500万€ (2000万€ → 4500万€)

選手紹介

本職はセンターハーフや守備的MF。昨シーズンはセカンドトップで起用されてから大ブレイクを果たした。パス能力と広いプレーエリアで攻撃を組み立てられ、シュートの積極性も併せ持つ。レアル・マドリードから「禁断の移籍」を果たした選手でもある。

9位 Pau Torres

Embed from Getty Images

日本語名:パウ・トーレス

ポジション:CB

国籍:スペイン

所属クラブ:ビジャレアル

生年月日:1997年1月16日(24歳)

市場価格

+2500万€ (1500万€ → 4000万€)

選手紹介

191cmと恵まれた体格を持ち、デュエルに強いDF。すでにスペイン代表でも出場しており、デビュー戦ではゴールも決めて見せた。パス精度も向上中で、ボールを持てる左利きのCBとして市場価値がさらに高くなっているか。

8位 Edmond Tapsoba

Embed from Getty Images

日本語名:エドモンド・タプソバ

ポジション:CB

国籍:ブルキナファソ

所属クラブ:ビジャレアル

生年月日:1997年1月16日(24歳)

市場価格

+2500万€ (1500万€ → 4000万€)

選手紹介

パス能力に長けたCBで、相手の高い位置のプレッシャーをものともしない冷静さが武器。190cmと体格も恵まれており、リーチの長いタックルでボールを奪うこともできる。2020年1月にレヴァークーゼンに加入したばかりだが、早くも信頼をつかみつつある様子だ。

7位 Bukayo Saka

Embed from Getty Images

日本語名:ブカヨ・サカ

ポジション:LM

国籍:イングランド

所属クラブ:アーセナル

生年月日:2001年9月5日(19歳)

市場価格

+2700万€ (1300万€ → 4000万€)

選手紹介

ナイジェリアにもルーツを持つサイドアタッカー。左サイドならWGでもSBでもこなせる器用さを持っており、ポジショニングと戦術理解度に優れる。個よりも組織で崩すことを得意とする選手だ。

スポンサードサーチ

6位 Phil Foden

Embed from Getty Images

日本語名:フィル・フォーデン

ポジション:CAM

国籍:イングランド

所属クラブ:マンチェスター・シティ

生年月日:2000年5月28日(21歳)

市場価格

+3000万€ (3000万€ → 6000万€)

選手紹介

イングランド国内でも逸材と評価の高いMFで、繊細なボールコントロールとバランスからダビド・シルバと比較されることも多い。トラップのうまさと低い重心でボールを奪われないプレーが持ち味で、組み立てから自身で切り込むプレーまで可能。同クラブのアカデミー育ち。

 

次のページではトップ5を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました