【審判紹介】リー・メイソン

スポンサードサーチ

リー・メイソン

Embed from Getty Images

英表記:Lee Mason
1971年10月29日生まれ(49歳)

初担当シーズン:2005-06シーズン
19-20シーズンまでの担当試合数:277試合
FIFA officials list:無

 

レフェリングについて

Embed from Getty Images
2シーズン副審を務めた後、PL主審リストに登録された。試合を通じて判定の基準を明確化できず、緩慢な試合展開を作ってしまうことが多い。
昨シーズンの担当試合数が16試合と、総試合数に対して比較的少ないことも何よりの証拠といえるかもしれない。

Embed from Getty Images
昨シーズンには元PL主審のキース・ハケットから引退を促されるなど、その能力への批判は根強い。
直近でも2021年2月にマイク・ディーンがレッドカードを与える「誤審」をしてしまった2試合のうち、1試合ではメイソンがVARを担当していた。

コメント

Embed from Getty Images
弟のアンディ・メイソンは、リー・メイソンが応援するボルトン・ワンダラーズなどでプレーした元プロサッカー選手。
ユーモラスな性格でクリスマスパーティーなどでは司会進行を任される。元PL・国際審判のマーク・クラッテンバーグからは、‟レストランで彼がしゃべると周りが笑顔になる”と称されている。
監修:Premier League Refereesさん

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました