Kリーグの看板息子!インドネシアの国宝、アスナウィ・マンクアラム

スポンサードサーチ

プロフィール

https://pbs.twimg.com/media/EugfLVRU4AUe0O8?format=jpg&name=medium

選手名

Asnawi Mangkualam

日本語名

アスナウィ・マンクアラム

国籍

インドネシア

所属クラブ

安山グリナーズFC

年齢

21歳

ポジション

RSB(RWB、DMF)

身長

174cm

利き足

右利き

推定市場価格

30万€ (2021/5/23 時点)

選手情報

https://pbs.twimg.com/media/E0yYjvUVgAQTLUZ?format=png&name=small

Kリーグ初のインドネシア人選手。DMFとしてもプレーできるが、安山グリナーズでは主にRWBのポジションで出場している。豊富な運動量と強靭なボディーバランス、相手に喰らいついたら離さないマンマーク武器とするファイターの選手。身長174cmとディフェンダーでは小柄ながら、激しい肉弾戦も厭わない。

インドネシア代表監督のシン・テヨン監督は「頑丈な体格で相手を厳しくマークする姿は元国家代表のチェ・ヒョジンそっくり」と彼を評価している。

※チェ・ヒョジン・・・「タンク」の愛称で親しまれたMF

2021 Reaksi orang Korea terhadap Asnawi ketika mereka (2021 아스나위 활약상 한국인 댓글 반응 모음)

攻撃では自慢の運動量を生かし、試合中に何度もスプリントを繰り返す。果敢なオーバーラップからチームの攻撃に勢いをつけるこもあるが、一方でプレー選択の判断スピードには改善の余地があり、ボールを持ちすぎて相手に囲まれてしまう場面も。

それでも安山グリナーズではRWBの定位置を掴みつつある状況で、Kリーグ2・第8節ではベスト11に選出されるなど、順調にKリーグのスタイルに適応してきている。

エピソード

この投稿をInstagramで見る

AMB.(@asnawi_bhr)がシェアした投稿

2017年、インドネシア1部リーグの最年少得点記録(17歳と5日)と、同年にインドネシアA代表史上最年少出場記録(17歳と167日)を更新した。

2017年、インドネシア1部リーグの最年少得点記録(17歳と5日)と、同年にインドネシアA代表史上最年少出場記録(17歳と167日)を更新した。

アスナウィのインスタグラムは24.3万人がフォローしており、これはKリーグの所属選手で最も多いフォロワー数だ。彼のSNS効果で2017年に創設されたばかりの安山グリナーズのインスタグラム、国内の人気クラブである蔚山現代、全北現代を抑えて最もフォロワー数の多いアカウントとなった

最新の移籍情報

Embed from Getty Images

今シーズンに安山グリナーズに移籍したばかりなので、今のところ移籍の噂などはない。まずは安山グリナーズでしっかりポジションを確立することが最優先だろう。しかし、今後の活躍次第ではKリーグ1のクラブへのステップアップは十分あり得そう。

スポンサードサーチ

経歴

シーズン 移籍元 移籍先 種類
14/15 PSM Youth Without Club
15/16 Without Club Persiba
16/17 Persiba PSM Makassar フリー
20/21 PSM Makassar Ansan Greeners フリー

昨シーズンの成績 ※リーグ

Kリーグ2
5試合 0得点 1アシスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました